炭酸ガスレーザー

美容業界では、レーザー機器がよく登場します。
例えば、肌のシミやそばかすにレーザーを照射して美白したり、レーザーで毛根を破壊して脱毛したりすることができます。
それぞれの目的に応じて、適切なレーザーを照射できる美容機器が開発され、利用されているのです。

ほくろ除去に関しては、少し特殊なレーザー機器が用いられます。なぜなら、ほくろはシミやそばかすと違って盛り上がっている場合があるからです。そのため、皮膚表面に熱を加えるだけでなく、皮膚組織を削り取る作用が必要となります。
そこで用いられるのが、炭酸ガスレーザーです。
炭酸ガスレーザーは、ほくろやイボなど、盛り上がった組織を除去するのに適しています。
炭酸ガスレーザーは水分に対して反応し、素早く熱エネルギーに変えるという性質があります。そのため、ほくろやイボに炭酸ガスレーザーを照射すると、ほくろやイボに含まれる水分が一気に熱に変わり、蒸散作用によって組織が消えてなくなるのです。
同時に、患部の血管が一気に収縮するため、ほとんど出血しないというメリットもあります。
そのように、強力な組織除去能力を持つ炭酸ガスレーザーですが、その効果は皮膚のごく浅い部分にしか働かないため、肌の奥までダメージを与える心配はありません。そのため、レーザー治療後の回復も比較的早いといえるでしょう。

炭酸ガスレーザーでほくろを除去する場合、メスで切除する場合と違って、施術後にほくろが綺麗さっぱりなくなっているというわけではありません。
レーザーを照射した後もほくろは残っていますが、時間が経過するにつれ、かさぶたとなっていきます。そのかさぶたの下に、新しい綺麗な皮膚ができていくのです。その、皮膚再生の過程でかゆみを感じる場合がありますが、ここでかいてはいけません。氷や保冷剤で冷やせばかゆみは和らぐので、ぐっと我慢することが大切です。
かさぶたが剥がれ落ちると、そこにはもうほくろはありません。生まれたばかりの新しい皮膚が、顔を出すはずです。

このように、炭酸ガスレーザーを用いれば、痛みも少なく、綺麗にほくろを除去することができるのです。
顔や体に気になるほくろがある人は、炭酸ガスレーザーを扱っている美容外科や美容皮膚科に行って、無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。