メス切除

皮膚科や美容皮膚科では、ほくろ除去にレーザーを用いることが多いようです。
ですが、美容外科や形成外科では、メスを使って皮膚を切開して、ほくろを除去することができます。

メス切除でほくろを除去することのメリットは、再発の可能性が低いということです。
メスで切開すれば、ほくろがあった部分の皮膚組織を、深部から取り除くことができます。ほくろを生み出した皮膚組織が体から除去されるので、再発のリスクを下げることができるのです。
また、メス切除なら、レーザーでは除去できない大きなほくろにも対応することができます。一般的に、レーザーでは、直径1センチを超えるほくろの除去は難しいようです。ですが、メス切除なら、直径1センチを超える大きなほくろでも、切除して取り除くことができます。

メス切除を受ける上で最も心配なことは、手術痕が目立つかどうかということでしょう。
メスで切って縫合するので、どうしてもある程度の縫合痕は残ってしまいます。ですが、切除の仕方次第で、極力目立たなくできる場合もあります。例えば、シワや皮膚の線維に沿って切開すれば、傷が目立ちにくくなります。
メス切除でほくろを除去してもらう場合は、できるだけ実績豊富な皮膚科専門のドクターを探すと良いでしょう。